子供の歯を守る

子供の歯を守る

お子さんの歯は、とても弱いものです。お母さん・お父さんの手で大切に守ってあげましょう。
子供のころから歯の健康に気をつけてあげることで、あなたのお子さんはいつまでも自分の歯でしっかり噛めるようになるはずです。
健康な歯は、お子さんの未来への最高の贈り物です。

メッセージ ― 子供の歯を守るために

歯医者が苦手という方は、意外に大人にも多いものです。そのような方は、きっと小さい頃に、押さえつけられながら、痛い、つらい治療を受けて、それで苦手になってしまったのではないでしょうか?
僕は子供が大好きですから、子供が怖がったり、泣いてしまったりするようなことはしたくありません。
お子さんには、いきなり虫歯を治しますよ、ではなく、まずこれから何をするのかをお見せするようにします。そうして、お子さんが理解したところで治療を始めます。
まずは慣れ、といいますか、見知らぬものに身構える気持ちを解きほぐして、それから少しずつ治療を進めていくこと。これが、歯医者さんとして、あなたのお子さんに一生気持ちよくお付き合いいただくための、最善の方法だと考えています。
お子さんの成長は個人差が大きいものです。たとえば、治療に用いる詰め物なども、お子さんの現状と今後、また生活などを考慮したうえで選択する必要があります。まき歯科クリニックでは、お子さんの成長を慎重に見はからったうえで、一人ひとりにあった最適の治療ができるよう、常に心がけております。

まき歯科クリニック
院長:牧野 雅昭

子供の歯を守るために大切なこと

子供の歯の健康管理

生えたての歯は、組織が完成されていないため非常に軟らかく弱い状態にあります。
抜けたり生えたりを繰り返す幼児期から中学生くらいまでは、虫歯にかかりやすく進行も速いものです。

ひどくなる前に虫歯を見つけて治してしまうためには、3ヵ月に1回程度クリニックにお越しいただいて、歯の定期検診を行うのが理想的です。

家族で取り組む健康管理を

小さなお子さんには、お母さん・お父さんの手でしっかり歯のケアをしてあげましょう。小さな子供のお口の中はとてもデリケート。やさしくすみずみまで磨いてあげられるのは、お母さん・お父さんだけです。
お母さん・お父さんの愛情が、子供を虫歯から守ります。まき歯科クリニックは皆さんのお子様への愛情を、微力ながら精一杯サポートいたします。

子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

子供たちにとって、虫歯の治療は決して楽しいことではありません。
虫歯が進行して歯が痛くなる前に、虫歯にかかりにくくしてあげるのが一番です。
お子さんの虫歯を防ぐために、負担の少ない方法をご紹介します。

フッ素(フッ化物)塗布

フッ素には、虫歯に侵された歯を修復し、歯質を強くする働きがあります。フッ素の溶液を歯の表面に塗るだけの簡単な処置ですので、お子さんへの負担はほとんどありません。
(ただし、処置後30分間はうがい・飲食を控えていただく必要があります)

シーラント

奥歯のかみ合わせの溝は汚れが付きやすく、歯ブラシも届きにくい部分です。この奥歯の溝をレジンという白いプラスチックでコーティングし、虫歯を予防するのがシーラントです。

サホライド

サホライドは虫歯がひどくなるのを防ぐお薬です。銀色の皮膜で歯をコーティングし、虫歯の進行を抑制します。
まき歯科クリニックでは、三歳前のお子さんにサホライドによる処置を行っています。

乳歯の時からお口のケアを

乳歯は大人の歯よりやわらかいと言われていますが、乳歯のエナメル質が薄く大人の半分以下しかないためです。
乳歯の場合きちんと磨いているつもりでも歯と歯の間に虫歯ができやすく、虫歯になっていても気付きにくい場所です。間食が多くないか、歯みがきの仕方、砂糖を多くとらないなどご家族の方が注意してあげてください。

お子さんの乳歯がこんなときは要注意です

乳歯の虫歯

乳歯の虫歯は黒では無く白くなります。乳歯の虫歯は進行が早く痛みが出にくいので、かなり進行してから気付くことも少なくありません。

歯がくっついて生えている

隣同士の歯と歯がくっついて1本の歯のようになってしまったものを癒合歯といいます。歯の境目の溝にプラークが貯まりやすいため虫歯になりやすく注意が必要です。癒合歯の場合、その下の永久歯が生えてこない場合もあります。

乳歯から永久歯に生えかわる時に注意してほしいこと

生えかわりの際には特に注意してください。乳歯が抜けたのに中々生えてこない場合や、正常な歯並びから外れて歯が生えている場合、歯の本数が少ない、まっすぐに歯が生えてこない時は早めにご相談ください。

乳歯が抜けずに永久歯が生えてこない

乳歯が抜けたが半年以上生えてこない場合は早めにご相談ください。永久歯が生えてこないという先天性永久歯欠損の場合、生まれつき歯の本数が少ないため待っても生えてきません。レントゲンで歯の状態を確認します。

異なった場所に歯が生えている

先がとがっていたり、他の歯と比べて小さい、歯列から外れたところに生えている歯は過剰歯の可能性があります。
過剰歯は歯の元となる歯胚が余分に作られた、本来必要のない歯です。前歯の乳歯が抜けたのに中々永久歯が生えてこない場合は過剰歯が悪い影響を及ぼしている場合があります。

乳歯の抜ける時期は個人差があります

歯茎の中で乳歯の歯根が吸収されており、永久歯が下から押し上げようとして乳歯の歯根を吸収してしまうのです。

根っこを吸収されると歯がグラグラしてきます。グラグラと揺れる歯は歯根が短くなってついには抜け落ちます。乳歯の抜ける順番や時期は個人差があります。中々抜けないからといって焦って抜く必要はありません。心配な場合は早めにご相談ください。

まき歯科クリニック

月~木は夜8時まで診療

〒190-0012
東京都立川市曙町2-5-17
イトウビル5F

○ 月~木曜日
9:30~13:00 14:30~20:00
△ 金曜日
9:30~13:00 14:30~18:00

△ 土曜日
9:30~13:00 14:30~17:00

※日曜・祝祭日は休診